一期は夢よ、ただ狂へ。

%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9
2

これから来る!! 超絶クオリティなドット絵見下ろし型アクションゲーム16作 その2

これから来る!! 超絶クオリティなドット絵見下ろし型アクションゲーム16作

その2


1.~8. その1

9. Wayward Tide
10. Pathway: In Search of the Lost Element
11. Outrider Mako ~露払いマコの見習帖~
12. No Place for Bravery
13. Glyphs
14. Dungeon Labyrinth
15. Shattered
16. Druids of Gemini


Wayward Tide

– Chucklefish

Wayward Tideは総勢16人のインディーゲーム開発スタジオChucklefishのうちの4人によるアクションアドベンチャーです。

2014年9月にビジュアルと共に公表されて以来、ほぼ音沙汰がないので開発が進んでいるのかどうか謎なのですが、公開されている数枚のスクリーンショットからドット絵による背景グラフィックの表現について学べることは多いです。


Pathway: In Search of the Lost Element

– Robotality

PathwayはドイツのディベロッパーチームRobotalityによるRPGです。

まだPVや多くのスクリーンショットなどは公開されていませんが、1930年代のパルプ・マガジン小説をモデルとしたストーリーで、ドイツ人研究者が、帝国よりも先に古代のアーティファクトを見つけるために遺跡を探索するという内容になるようです。
このゲームで興味深いのが、“ピクセルとボクセルを組み合わせたハイブリット技術”を使っている、という点です。詳しいことは不明ですが、ライティングと影の表現をよりリアルにし、ピクセルアートをより立体的に見せることが出来るようです。


これを見てみると分かりますが、影の向きやかかり方が非常にリアルですね。これは現代でないと出来ないドット絵表現だと思います。


Outrider Mako ~露払いマコの見習帖~

– あさまど

Outrider Makoは日本のディベロッパーあさまど氏によるアクションゲームです。

和の雰囲気も感じさせ、温かく可愛らしいドット絵グラフィックも特徴的ですが、キャラクターの挙動にとてもこだわりを感じさせました。神道の大麻(おおぬさ)のようにも見える武器を振り回しての戦闘は、エフェクトやサウンドも相まっていちいち小気味よく思えます。

同じ日本人開発者としても、かなり期待しているゲームです。


No Place for Bravery

– Glitch Factory

No Place for BraveryはブラジルのディベロッパーチームであるGlitch Factoryによるローグライクアクションです。

Super Time Forceのような時間操作を大きな特徴としており、それらのアクションがゲームの鍵となるようです。
また、なんといってもHyper Light Drifterにインスパイアされたという美しい背景ドット絵グラフィックは目を見張ります。今年2016年8月に公表されたばかりでまだまだ開発の初期段階のようですが、是非ともあのマップを歩き回ってみたいですね。


Glyphs

– Legit Games

Glyphsはカリフォルニアの2人のディベロッパーによるチームLegit Gamesによる、オープンワールドアクションです。

剣や弓などを使い、様々な土地を旅するオープンワールドゲームだとのことですが、詳細はほぼ謎です。
オープンワールドなど本当に実現できるのかと思うところもありますが、とにかく、これほど美しいドット絵のゲームはなかなかないので、是非とも完成させてほしいものです。
ひとまず2016年10月現在、開発中であることは確かなので期待しています。


さて、ここから先は、おそらくメディアでは一切紹介されておらず、ゲームの詳細も不明でそもそもまだ開発が続いているのかも分からないゲームとなります。


Dungeon Labyrinth

– Hypixel(?)

Dungeon Labyrinthはおそらく開発頓挫したゲームです。
じゃあ“これから来る”じゃねぇじゃん!!って思うかもしれないけど、だって、上のスクショを載せたかったんだもん!!


モンスターなどのグラフィックもある程度作っていたようなのですが、2015年2月以来音沙汰が無く、グラフィッカーさんのサイトには“Never Published”とあるので、開発中止になったのだと思います。
素敵なドット絵だったので残念です。


Shattered

– Tim Kaminski

ShatteredはコンセプトアーティストでもあるTim Kaminski氏によるアクションアドベンチャーです。

ゲームの内容は全くの謎ですが、その背景グラフィックはとてもスッキリとしており、統一感が取れていて美しいです。

http://timkaminski.tumblr.com/post/92277269594/the-latest-screenshot-of-the-game-we-are-working


2014年から2015年まで割りと頻繁にTwitterやTumblrにスクリーンショットを上げていたようなのですが、2015年4月以降全く更新されていないので、開発が進んでいるのかどうか全くの謎です。
コンセプトアートなどもいくつか上げており、順調に開発が進んでいるように思えたのですが、もし開発中止となっていたのなら残念ですが、まだ希望はあります。ゆっくり待ちましょう。


Druids of Gemini

– JoshuaSmyth(?)

Druids of Geminiは情報が散らばっており非常にまとめにくいゲームでした。

詳細はよく分かりませんが、おそらくドラクエ型の戦闘画面によるコマンドRPGになるようです。
しかし、なんといっても驚くのがこの細部まで描き込まれた非常に美しい背景ドット絵です。もしこのマップの中を歩き回れるというのなら夢のようです。

情報が掲示板やFacebook、Twitterなどに散らばっており、現在の開発状況がよく分かりませんでしたが、Facebookには今年に入ってからもモンスターのアートなどが上がっていました。


以上、これから来る!! 超絶クオリティなドット絵見下ろし型アクションゲーム16作でした。
素晴らしいドット絵のゲームはまだまだどこかに埋まっていると思います。
良いモノは広めましょう。では(´-`)ノ

はちのす • 2016年10月26日


Previous Post

Next Post

Comments

  1. これから来る!! 超絶クオリティなドット絵見下ろし型アクションゲーム16作 その1 | noitems studio
  2. GVOBarrybsxb 2017年2月23日 - 2:57 AM Reply

    I see your blog needs some unique & fresh articles.
    Writing manually is time consuming, but there is solution for
    this. Just search for: Masquro’s strategies

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *